委託販売ショップリスト
インド料理レストラン
「ルビーナ」

shop website
--------------------

ヘアサロン
「alam hair」

shop website
--------------------

Oriental Dining
「蓮(HASU)」
shop website


ホーム六国五味最高級沈香のお香
Item Spec

最高級沈香のお香[RG-2]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:


Xinchao店長がベトナムいろいろなコネクションで紹介をお願いし、やっとたどり着いた信頼のできるお店からの仕入れです。
沈香の粉を手でこねてコーン型に成型しているというから驚きです。
ゆっくりと燃えますから1粒でかなりの時間芳香が持続します。
何よりも沈香を焚くことにより場の邪気を払い、生命を充実させることができるといわれるとおり、心が落ち着きます。



最高品が入ったときしか売らないという店主のおばさんは、やはり一刻者で、ちょっと高いかなと思った店長が、次のグレードのものも売ってくれるようにお願いしてみたところ、今回はこの最高級だけがおすすめとのことでした。間違いなしの最高級品です。(10個入りでお届けします)

沈香の価格について

沈香は時価商品のため、仕入れの時期によって価格が変動します。
特に、品質の高い(油分の多い)沈香は年々その希少性が高まっており、
同時にその価格も高騰する傾向にあります。
そのため、同じ品質・同じサイズでも、常に同じ価格でご提供できるわけではありません。

買い付け先のお店から

今回求めたブレス、沈香の原木の細工






青い葉っぱをつけているのが生きている沈香の木だそうです。
それが湖底に沈んで長い年月を経て、えもいわれぬ香りを醸し出すってロマンでもありますよね。



沈香のうんちく(蘊蓄)

 沈香は平安朝の昔から、貿易船や使節船によって日本にもたらされていた。中国を経由して入ってくることもあれば、南方の島々から渡来することもあった。日本人は長い年月にわたって沈香を賞玩する伝統を育んできたが、それがどのようにして出来るか、どんな土地で採集されるのかについてはまったく無知だった。あるいは興味を持っていたかもしれないが、供給者側の厳重な秘匿に阻まれていたのだろう。沈香の供給は、実に儲かる商売だったから、商人たちは消費者に対して極力情報を伏せ、一種の伝説を語った。今でも沈香の採集は現地の少数民族が行っており、真の姿を部外者が掴むことは難しいとされている。また、このような商品の常で、古い時代に採集されたものほど品質が良く、あるいは大きなものが手に入ったと言われている。そのあたりの事情は、鉱物愛好家にはお馴染みのところだ。生成に長い年月を要するものは、事実、絶産の危機を孕んでいるが、供給が需要を下回るよう、常に出荷量がコントロールされてもいる。

沈香の取扱について

沈香は現在、ワシントン条約にて輸出入が制限されています。
Xinchaoベトナム雑貨は、ベトナム政府より正式な沈香の輸入販売ライセンスを得ています。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス